流産を考え学んでみよう

流産ってどういうもの?どんな兆候から始まるの?知っておきたい流産のこと。

赤ちゃんを授かるために

今のままでは赤ちゃんはムリ?赤ちゃんを授かりやすい体質、方法ってあるの!?

ココロとカラダの癒し

母体の健康が赤ちゃんを授かる第一条件!!生活を工夫して心も体も健康になりましょう。

イメージバー1

人付き合いでのストレス

人とのお付き合いの中でストレスを全く感じず(感じさせず)上手くやっていきたい。


これは本当にムズカシイ事だと思います。
例えば、自分はそんなつもりが無くても相手にとっては、とても気になるような事を言ってしまっていたり、気づかないうちにキズつけてしまっている事ももしかしてあるかもしれません。
その反対で、相手はサラッと言い放った言葉が、自分が気にしていた事だったり、触れられたくない話題が続いたり・・・。


とても辛いですよね〜。このような余計な不安やストレスから自ら妊娠しにくい身体をつくってしまう人も少なくありません。
最近は妊娠の計画(出産はまだ?など)を尋ねるのはマナー違反という考え方がようやく広まってきて、ぶしつけに聞いてくる人はずい分減りましたが、『妊娠にはあれがいいよ』とか『ゼッタイこの病院でこうしてもらった方がいい』とか身体的な問題に踏み込んでくる人は、今でも全くいない訳ではありません。


そう言われる事に対して、イヤな気がしたとしても、相手の言動はあなたにとって良いと思って言ってくれているという事を少しでも思う余裕があれば、自分自身少しは楽ではないでしょうか?


そして、自分の気持ちを素直に言ってみるのも大切な事だと思います。
『私にとってはとても重要な事なので、自分で(又は旦那と)考えて答えを出すので見守っててね』などと、ソフトな言葉で、でも気持ちははっきり。
きっと上手くいくと思いますよ。


そしてもっとストレスに押しつぶされてしまいそうな時は心の支えになる人、悩みを相談できる人を見つけ、思いっきり悩みを聞いてもらっちゃいましょう。
身近にそのような人がいない人だって、今はインターネットがあります。同じ悩みを持つ誰かに出会え、きっと分かってもらえるはずです。
(私のサイトもそういう悩みを交換できる場所になればいいと思っています♪)

イメージバー2

ネットショッピング

イメージバー3