流産を考え学んでみよう

流産ってどういうもの?どんな兆候から始まるの?知っておきたい流産のこと。

赤ちゃんを授かるために

今のままでは赤ちゃんはムリ?赤ちゃんを授かりやすい体質、方法ってあるの!?

ココロとカラダの癒し

母体の健康が赤ちゃんを授かる第一条件!!生活を工夫して心も体も健康になりましょう。

イメージバー1

初期12週未満の流産

なぜ流産になったの?何を直せば次は正常に妊娠できるの?
動きすぎたからダメだったのかなぁ・・・って自分の不注意がこんな結果を招いてしまった・・・と自分を責めてしまいがち。


でも初期の流産の原因は赤ちゃん側の異常である場合がほとんどです。
受精卵(胎児)の染色体異常というのが最も多い原因です。この染色体異常の発生率はママの年齢が上がるにつれ増加する傾向にあります。
健康な夫婦の間でも起こっている、自然界に普通に起こっている現象なのです。他にも胎児付属物の異常というのがあります。
悲しいけれど仕方ないことなのですね。


原因としては子宮の異常、卵巣機能異常、感染症、染色体異常、外傷などがあります。
他にも夫婦間の免疫異常、血液型不適合があります。また、男性側の異常では染色体異常、精子の異常があります。
そして、原因不明の流産も数多くあります。

イメージバー2

ネットショッピング

イメージバー3