流産を考え学んでみよう

流産ってどういうもの?どんな兆候から始まるの?知っておきたい流産のこと。

赤ちゃんを授かるために

今のままでは赤ちゃんはムリ?赤ちゃんを授かりやすい体質、方法ってあるの!?

ココロとカラダの癒し

母体の健康が赤ちゃんを授かる第一条件!!生活を工夫して心も体も健康になりましょう。

イメージバー1

流産のはじまり

一般的に、妊娠初期の流産のはじめには出血があり、下腹が『つっぱる』ような感じがあったり、痛みを感じたりします。
妊娠初期にこのような症状があったら、必ず早い段階で担当の先生に相談しましょう。
でも初期に出血があったからといって、必ず流産してしまうということはありませんので、そんなに心配されなく大丈夫です。
もし、流産の兆候の出血だとしても、大切なのは赤ちゃんが育っているかどうかなので、超音波検査で胎児の心拍があるかないかを診てもらいましょう。


かなりの出血があっても、赤ちゃんは元気に育っている事もあります。


このように、出血や下腹の痛みなどの流産の症状があるのに赤ちゃんが育っている状態のことを『切迫流産』といいます。
このような状態のときは、外出は控えて、家の中で安静にしていましょう。
常に、ベッドに寝ていなくてはいけないというわけではありませんが、とても大切な時期なので、少しでも疲れを感じたら必ず休みましょう。
ムリはゼッタイにいけませんよ!

イメージバー2

ネットショッピング

イメージバー3