流産を考え学んでみよう

流産ってどういうもの?どんな兆候から始まるの?知っておきたい流産のこと。

赤ちゃんを授かるために

今のままでは赤ちゃんはムリ?赤ちゃんを授かりやすい体質、方法ってあるの!?

ココロとカラダの癒し

母体の健康が赤ちゃんを授かる第一条件!!生活を工夫して心も体も健康になりましょう。

イメージバー1

流産の経験はありますか?

妊娠経験がある方の約15%が流産経験「あり」と答えました。
多い?少ない?色々意見はあるようです。
流産してしまうことはママにとってもパパにとっても悲しいことだけど、みんなその経験を乗り越えていっているんですね。
流産は残念なことですが、ママが精神的に落ち込まないことが一番大切だと思いますよ。


■流産する確率はどの位?

20代の妊娠より30代前半の妊娠、そして30代後半の妊娠と、年齢が上がるにつれ流産確率も上がっているようです。
20代では12/100人の確率が、30代後半になると20/100人まで上がってしまいます。
そして1度流産して2度目も続いて流産してしまう確率は30%、2度目〜3度流産してしまうのは50%と、ちょっと怖い結果が出ているようです。

イメージバー2

ネットショッピング

イメージバー3