流産を考え学んでみよう

流産ってどういうもの?どんな兆候から始まるの?知っておきたい流産のこと。

赤ちゃんを授かるために

今のままでは赤ちゃんはムリ?赤ちゃんを授かりやすい体質、方法ってあるの!?

ココロとカラダの癒し

母体の健康が赤ちゃんを授かる第一条件!!生活を工夫して心も体も健康になりましょう。

イメージバー1

手術について

流産が確定したら、手術を受けなければいけない場合があります。
病院や母体の状態にもよりますが、約55%の方は手術のあとに入院したと答えています。
手術のほとんどが、子宮内の内容物を出す手術です。


私の場合、一度目の流産は稽留流産でした。
手術事態は30分程度で、麻酔も局部麻酔だった為、痛みは我慢できる程度だったものの、気分が悪くなって、吐き気がヒドく、流産のショックもあり、手術中も涙が止まりませんでした。
手術後、子宮を元に戻す薬を約4〜5日朝、晩服用。
そして出血は普段の生理より量が多く、日数も8日間続きました。
稽留流産以外の流産も、子宮内に内容物が残っていれば手術を行ないます。
子宮内の物を外に出すということは、出産と同じこと、手術後のムリはゼッタイ禁物です!

イメージバー2

ネットショッピング

イメージバー3