流産を考え学んでみよう

流産ってどういうもの?どんな兆候から始まるの?知っておきたい流産のこと。

赤ちゃんを授かるために

今のままでは赤ちゃんはムリ?赤ちゃんを授かりやすい体質、方法ってあるの!?

ココロとカラダの癒し

母体の健康が赤ちゃんを授かる第一条件!!生活を工夫して心も体も健康になりましょう。

イメージバー1

流産の種類

ひと口に流産といってもいくつかの種類があり、様々な治療法があります。
担当の先生と相談し、自分がきちんと理解し、悲しいことだけれど、結果を受け入れることが大切だと思います。


■進行流産

規則的な痛みがあり、「大量の褐色の出血→赤色出血」放っておくと、大出血になるので注意!
胎児は確認できる場合が多く、心拍はほとんど確認できません。


■切迫流産

おなかが張る様なかるい痛みがあり、少量の出血が見られます。赤ちゃんはお腹の中で生きているので心拍も確認できます。
「切迫流産→進行流産」、又は「切迫流産→稽留流産」になる。
切迫流産になってしまったら必ず流産になってしまうわけではありません。必ず担当の先生の指示を守って安静にして下さい。


■不全流産

下腹部痛は強くなったり、弱くなったりします。そして大量の出血があります。胎児も心拍も確認できません。
胎児も胎盤などが子宮内に残っている状態なので、出血も痛みも続きます。


■胞状奇胎

胎児の異常、下腹部痛はない場合もあるが、下腹部痛があったとしても軽い痛みです。 出血は断続的の場合や、続く場合があります。胎児はほとんど確認できません。
胎盤の一部、又は全部が腫瘍化した状態になる。きちんとした治療が必要です。 胞状奇胎は稽留流産と診断された後、子宮から内容物を取り出した後に、診断されることも多くあるそうです。


■化学流産

尿検査では陽性だけど、胎児、胎のうは確認できないまま生理のような出血で終わるもの。これは流産の回数には入りません。


■子宮外妊娠

子宮外の場所に妊娠してしまう。卵管、卵巣、子宮頸部に妊娠すると赤ちゃんが育つスペースが無いので流産に・・・ということになる。
はじめは痛みはありませんが、だんだん痛くなり、お腹の中に大量に出血し、放置すれば死亡することもあります。
胎児、心拍はほとんど確認できません。
これは流産ではないので、流産の回数には含まれません。

イメージバー2

ネットショッピング

イメージバー3