流産を考え学んでみよう

流産ってどういうもの?どんな兆候から始まるの?知っておきたい流産のこと。

赤ちゃんを授かるために

今のままでは赤ちゃんはムリ?赤ちゃんを授かりやすい体質、方法ってあるの!?

ココロとカラダの癒し

母体の健康が赤ちゃんを授かる第一条件!!生活を工夫して心も体も健康になりましょう。

イメージバー1

妊娠しやすくなる食べ物.2

ここでは男性に良いと言われる食べ物を紹介したいと思います。でも男性だけではなく、女性にももちろん良いものばかりなので一緒に食べて、更に胎児にも良いので(妊娠した場合)試してみるのも良いと思います。
まずアメリカの研究発表で明らかになったのですが、亜鉛という栄養素が不足すると精子の数が減少してしまうということが分かっています。
亜鉛には男性のみならず女性に大切なミネラルも多く含まれているので是非とりたいですね。
亜鉛が豊富な食品として知られているのは、牡蠣やホタテ、ゴマ、豚や牛のレバー、納豆、高野豆腐があります。
ゴマなどは調理方法も多く、比較的摂りやすい食品なので毎日でも食べられそうですね。

ネバネバ食品

■ネバネバ食品がいいって本当?

山芋、納豆、モロヘイヤ、オクラなどネバネバする食品に含まれている『シューミン』という物質にはたんぱく質と"マンナン"が合体した栄養素で、スタミナUP効果があり、病後の回復食や虚弱体質を改善する効果も得られます。
また、納豆のネバネバには納豆にしか含まれない『ナットウキナーゼ』という物質があり、血液をサラサラにし、動脈硬化を防いでくれる効果があります。
こちらも男・女共に積極的に摂りたい食品です。

うなぎ

■うなぎは精力増強になる

昔から精力増強に良いとされてきた『うなぎ』は、やはり栄養学的にもその効果が証明されています。
うなぎが良いとされているのには、生殖能力の衰えを予防するビタミンAが豊富である事、更に疲労回復に役立つビタミンBや、精子を作ったり、卵巣の若返りに役立つビタミンEもたっぷり含んでいるからです。
女性にももちろん必要な栄養素なのですが、サプリメントによるビタミンAの摂りすぎには注意しましょう。奇形児の発生率が高まるとも言われています。

ニンニク

■ニンニクが良いって本当?

ニンニクは古くから悪疫退散に用いられたと言われる程、健康のサポートをしてくれる野菜と言われています。
その効果は『アリシン』という物質によるもので、アリシンはビタミンB1の吸収を高めてくれ、スタミナ増強にも効果を発揮してくれます。
毛細血管を広げて胃腸や心臓の機能をUPする働きもあります。ただし摂りすぎには注意して下さい。
又、ニンニクだけにこだわらずとも、同じユリ科の植物であるネギ、ニラ、ラッキョウ、ミョウガでも同様の効果が得られます。
不妊の大敵となる冷え性の改善にもなるので女性にも毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

イメージバー2

ネットショッピング

イメージバー3