流産を考え学んでみよう

流産ってどういうもの?どんな兆候から始まるの?知っておきたい流産のこと。

赤ちゃんを授かるために

今のままでは赤ちゃんはムリ?赤ちゃんを授かりやすい体質、方法ってあるの!?

ココロとカラダの癒し

母体の健康が赤ちゃんを授かる第一条件!!生活を工夫して心も体も健康になりましょう。

イメージバー1

高年齢初産婦

仕事も一段落し、出産を考えはじめた女性の中には高年齢で出産となる方も多いと思います。
"高年齢"というのは何歳から?という質問が多いようです。
『高年初産婦』という学術用語がありますが、35歳以上の初産婦はこれにあてはまり、それより若い方とは妊娠現象に対する負荷が少し重荷になることがあるそうです。
これは仕方のないことで100%防ぐ事は出来ないのですが、日常生活を工夫する事で、軽減する事はできるそうです。


まず最初に考えられるのは、高年齢の方ほど妊娠中毒症に(現在では妊娠高血圧症候群という)なりやすいのです。
高血圧にならない為には、太りすぎない事。
お腹をコルセットや腹帯のようなもので締めないこと、過労にならないようにすること、を実行して下さい。
これは、高年齢の初産婦の方ばかりではなく、経産婦の方々でも同じ事です。
そして、疲れを感じた時や妊娠後期は特に、昼間の午前中1時間、午後1時間位、横になって体を休める時期をもうけて下さい。
ストレスが多かったり、疲れたり、下腹部が張ったりする時など、このような状態をあまり長く続けていると、子宮の出口の頸管という部分の長さが少しずつ短くなってきて、膣内の細菌は子宮の方へと入ってきやすくなり、早産になる可能性もあると言われています。


自分のため、赤ちゃんのためにも自分の体をいたわりましょう。
また高年齢になればなるほど染色体という遺伝子の集まりが突然変異で異常を起こし、胎児に先天異常児ができやすくなる事があるのです。
先天異常の検査を希望する場合は、妊娠初期に担当の先生に相談するのをおすすめします。

イメージバー2

ネットショッピング

イメージバー3